メンタルヘルス未然対策とキャリアドック

社員のほとんどは、不調者になっていない健常者及び未病の社員です。未然対策とは、全社員を対象にカウンセリングを実施し、不調者へ移行させないことが重要です。メンタル不調者及び兆候ある人のフォローは当然ですが、職場のストレス要因を見つけ出し、改善することで、働きやすい職場づくりを一緒に考えてまいります。

  • メンタルヘルスカウンセリング・・・ニーズに合わせ、定期的にカウンセリングを実施します。全員対象は、カウンセリングに対する日本人特有の「メンタルが弱いと思われたくない」という偏見の敷居を低くし、社内の問題点を見つけやすくします。また、社外に第三者として会社のことを熟知した守秘義務を持つカウンセラーがいることは、何でも相談できる安心と信頼関係を築きます。
  • キャリアドック・・・ストレスの原因には、人間関係だけでなく、キャリアについての不安が上げられます。定期的な全員面談の中で、従業員のキャリア形成のための支援をします。従業員の仕事に対するモチベーションのアップと定着率の向上を図り、職場の生産性向上に繋げます。
  • 一人ひとりのストレス耐性力アップ・・・ストレスは、身体的、精神的な反応を引き起します。心の問題が体に影響し、自律神経を乱します。適宜、自律訓練法等を習得していただき、心のリラックスを学び、ストレス耐性力を身に付けます。

03